虎ノ門法律経済事務所和歌山支店

 

「法の支配」を全国に行き渡らせるための司法制度改革の理念に添い、いつでもどこでも誰でも法的サービスが受けられる社会の実現を目指しています

 

当事務所は、創設から2022年で50 年を迎え、支店数も35を数え、全国で90名近い弁護士が所属する事務所となりました。当事務所はこれまで、不動産問題、家事事件などを中心とした弁護士業務の中でも特に専門性を要求される分野の最先端を担ってきました。さらに、そのほかにも、労働問題についても角田先生を事務所に迎える等専門性を高め、刑事事件についても検事出身の弁護士、刑事事件担当の元裁判官等の経験豊富な弁護士の指導の下、研鑽を積んでおります。各支店の支店長は、このような本店の恵まれた環境の下で研鑽し、豊富な経験を積んだ上で、支店を開設しています。

 

また、各支店開設後も、本店との人的絆、オンラインによる情報共有により、本店の持つ専門性を踏まえたサービスを提供しております。

 

さらに、当事務所の特徴として、「弁護士に何を相談したらいいかわからない」、「弁護士の知り合いがいない」、「依頼するととんでもない報酬を請求されるのではないか」といった不安をお持ちの方にも安心してご相談・ご依頼頂けるよう、全ての初回法律相談を「無料」としております。

 

依頼者様1人1人の話をよく聞いて、1件1件真摯に取り組んで、依頼者のご希望どおりの解決を実現し、一人でも多くの笑顔と一つでも多くの幸せを灯すことができるよう全力を尽くします。

 

どうぞ、虎ノ門法律経済事務所和歌山支店(073-488-1026)にお気軽にご相談ください。必ずお力になります。

 

(このタグ内のテキストは表示されません)

 

弁護士法人TLEO虎ノ門法律経済事務所の6つの特徴

特徴 1 法律相談の充実

初回法律相談無料虎ノ門法律経済事務所では、1案件30分まで初回の法律相談は無料としています。

 

これは、昭和47年4月に「虎ノ門法律経済事務所」の前身となる「千賀法律事務所」を開設した弁護士千賀修一が、これまで弁護士会活動を通じて市民から寄せられた声に、「弁護士に何を相談したらいいかわからない」、「弁護士の知り合いがいない」、「依頼するととんでもない報酬を請求されるのではないか」といった不安が多く聞かれたこと及びこうした不安は、十分な情報を提供しない弁護士側にも責任があるのではないかと考え、先駆けて始めた時から現在まで続いております。

 

トラブルでお悩みの方にもまずは安心してご相談に来ていただくことが解決の第一歩です。ご相談の上、事案に応じて明朗、適切な弁護士費用をお見積りいたします。

 

そして、当事務所では、思いがけず、トラブルに巻き込まれてしまい、相談にいらっしゃった方のためにカウンセリングにもなるような法律相談を心がけております。

 

当事務所の法律相談は、よくあるような、一方的に相談者の方の悩んでいる部分を決めつけて、法律論をまくしたてるような法律相談ではありません。

 

「人は、人間関係に傷つき、人間関係で癒やされる。」私は、このことを誰よりもよく理解しているつもりです。どうぞ、一度当事務所の法律相談をご利用ください。

 

※なお、ご相談者の事情や心情を正しく理解・把握し、適切な回答やアドバイス及びカウンセリングをさせていただくため、お電話やメールでのご相談は承っておりません。

 

 

特徴 2 争いに対する考え方

ワンストップ・トータルサービス

争いや裁判にあなたの大切な時間やエネルギーを使うのではなく、新しい次の一歩のために力を使っていただきたいと考えています。

そんな考え方の法律事務所です。

 

もちろん裁判が最適の選択のときは裁判にベストを尽くします。ただ裁判に勝つことを目的とせず新しい一歩を踏み出すためにエネルギーを使ってもらいたいと考えます。

 

実際、訴訟社会と言われるアメリカでも、訴訟の80%は、和解で決着しています。また、最近では、費用のかかる訴訟ではなく、裁判外紛争処理(Alternative Dispute Resolutions)が非常に活発になっています。

 

アメリカでは、コンフリクト・マネジメントのために訴訟の場合でも、もっぱら法廷での弁論を担当する法廷弁護士(Litigator)と、法廷での争いが継続中でも、相手方が和解を申し出た時に対処できる和解案等を作成する和解交渉専門弁護士(Settlement Counnsel)といった二人の弁護士を雇うことがあります。

 

弁護士野上晶平は、専門機関で、交渉学やハーバード流交渉術を学び、資格を取得する等、交渉に非常に精通した弁護士となっております。

 

法廷での弁論の場合には、攻撃三倍の法則に従った攻撃的・競争的な訴訟活動を展開し、和解交渉の場合には、協力的な交渉を展開する等、事案や場面に応じた柔軟な攻撃防御を提供させて頂きます。

 

特徴 3 1972年創立・50年・全国35支店の実績

全国28支店の実績

昭和47年4月の創立以来、当法律事務所では社会生活において生じる様々な紛争や法律問題を解決又は予防し、多くの知識やノウハウを蓄積しております。

 

現在では90名を超える弁護士が所属し、様々な紛争を解決又は予防する総合法律事務所として、複雑な事件を数多く受任しております。

 

当事務所には、元最高栽・高裁・地裁判事、元検察官、元大学学長、登録後40年以上の弁護士など多彩な経歴をもつ指導弁護士が多数所属しているほか、司法制度改革により取り入れられた、判事補や検察官が2年間弁護士事務所に出向する制度による受入れ事務所となり平成23年より、判事補、検察官を受け入れております。

 

虎ノ門法律経済事務所の全国各地の支店の支店長は、新人弁護士時代から、このような本店の恵まれた環境の下で研鑽し、豊富な経験を積んだ上で、支店を開設しています。さらに、当事務所の全国各地の支店では、様々な分野で多数の案件を取り扱っており、定期的に本支店間での事案検討会を行うなど、常に最新の情報を共有し,事件処理にあたっております。

 

また、各支店開設後も、本店との人的絆、オンラインによる情報共有により、本店の持つ専門性を踏まえたサービスを提供しております。

 

当事務所は、「法の支配」を全国に行き渡らせるという理念の下、平成25年2月に名古屋支店を開設して以降、都市部・地方を問わず、これまで35支店(2022年6月現在)を開設しております。

 

このようにして、弁護士法人TLEO虎ノ門法律経済事務所ならではの、高品質なリーガルサービスを全国に提供しています

 

特徴 4 常に最新の情報をご提供

常に最新の情報をご提供

現在の法律・経営・税務を巡る法律や研究は、めまぐるしいスピードで進んでいます。医者の世界でもそうですが、昨日まで常識 だったことが、実は間違いだったという研究結果も次々と発表されています。それにともない、医者の「情報格差」が拡がっているとよく言われています。

 

弁護士も同じで、常に、最新情報をフォローし、常に知識をアップデートしている弁護士と、勉強せず昔の常識のまま同じ治療を続けている弁護士では、当然、事件の処理の仕方にも差が出てきます。特に、会社法務を巡る問題は、その傾向が顕著だと思います。

 

弁護士は常に勉強することが求められます。ですが、残念ながら、すべての弁護士が勤勉で高い意識を持っているとは限りません。実際に、離婚訴訟なんかでも、他の事務所では「別居期間が足りていない」等の理由で「離婚は出来ません」と言われてしまった事案で、最新の裁判所の判断の傾向等も踏まえて、訴訟戦略を練った結果、たしかに、一昔前では離婚が認められなかったであろう事案で、勝訴的和解を勝ち取ったことが幾度もあります。

 

私たちは、虎ノ門法律経済事務所のネットワークを活かして、常に最新の知識に基づくお役立ち情報を皆様にお伝えいたします。

 

 

特徴 5 依頼しやすい安心の費用

依頼しやすい安心の費用

当法律事務所の弁護士は、「社会生活の医者」として、もっと皆様に身近な存在でありたいと思っております。トラブルでお悩みの方が少しでも安心して依頼できるよう、当事務所では、複雑な弁護士費用をできる限りわかりやすくし,弁護士費用の透明性の確保に務めています。

 

 

 

 

 

特徴 6 ワンストップ・トータルサービス

虎ノ門法律経済事務所は、法律事務所としてワンストップサービスを先駆け、弁護士のみならず、税理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士・土地家屋調査士・不動産鑑定士等も所属しております。

 

また、当法律事務所を母体とするTLEOグループ各士業が有する知識や経験・ノウハウを共有し、連携して事件処理に当たっております。

 

税務や登記等の法的手続きを含む複雑な紛争もワンストップで解決できるため、時間がかからず、費用が安く済むことも大きなメリットです(地元和歌山の専門家をご希望される場合には、各分野の専門家が連携して対応可能な、専門家ネットワークのハブとして機能を生かして、地元の専門家をご紹介することができます。)

 

 

 

弁護士紹介

支店長 野上 晶平

~なぜ、弁護士になったのか~

「法律ゆうんは弱いもんの味方やない、知っとるもんの味方するんや。」
だから、法律と実務を知って、それを武器に出来る弁護士になりました。
 
はじめまして、弁護士の野上晶平です。

 

私の大好きな大阪難波を舞台に展開する、ヤミ金物語である「ミナミの帝王」の主人公で、竹内力さん演じる萬田銀次郎のセリフ(名言)の中に「法律ゆうんは弱いもんの味方やない、知っとるもんの味方するんや。そこんとこ、勘違いしたらあきまへんで!」というセリフがあります。

 

このセリフは、物語の中で、悪徳弁護士に法律すれすれの詐欺まがいの方法で、まんまとだまされ、巨額の借金を背負わされ、法律は何故自分を守ってくれないのか!と嘆く債務者に対し、銀次郎がカネを貸してしまったその人へ言った言葉です。そして銀次郎は、その債務者を救うべく、キリトリに動き出すのです。

 

このセリフには、時に法律は弱者を突き落すことがあるかもしれないけれど、法律を知っていれば回避したり、戦うことも出来るという意味合いが込められているのだと思います。

 

法律、さらには、法律の使い方を知っているからこそ、トラブルから身を守ることが出来て、トラブルに巻き込まれてしまっても、解決に導くことが出来るのです。
私は、法律と実務を知り尽くしている弁護士として、トラブルに巻き込まれてしまい、法律を知らない又は詳しくないためにトラブルを解決出来ずに苦しい思いをされている方やトラブルの防止策が分からないまま困られている方の力になりたいという思いで弁護士になりました。

 

弁護士法人TLEO虎ノ門法律経済事務所和歌山支店は,これまでも,そしてこれからも,和歌山にお住まいの皆様からの責任と信頼にお応えすることができるよう,真摯に,そして全力で取り組んでいくことをお約束いたします。

 

 

~改めて自己紹介〜

「一人でも多くの笑顔と一つでも多くの幸せを灯す」ことの出来る仕事をしたいという思いで猛勉強の末弁護士になりました、野上晶平です。

 

念願の弁護士になって、憧れの東京は虎ノ門の法律事務所に入りました。
年間240件を超える相談を担当し、年間70件の案件を任される猛烈な特訓の日々でした。

 

東京で徹底的に鍛え上げられたおかげで、地元和歌山で開業することができました。今も変わらず私の根幹にあるのは、「目の前の人を幸せにする。」という思いです。

 

これからも、目の前の悩みに真摯に向き合う「一人でも多くの笑顔と一つでも多くの幸せを灯すことができる」弁護士として、いつも皆さんの隣にいたいと願っています。
野上晶平です。どうぞ宜しくお願い致します。

 

~争いに対する考え方~

争いや裁判にあなたの大切な時間やエネルギーを使うのではなく、新しい次の一歩のために力を使っていただきたいと考えています。
そんな考え方の法律事務所です。

 

もちろん裁判が最適の選択のときは裁判にベストを尽くします。ただ裁判に勝つことを目的とせず新しい一歩を踏み出すためにエネルギーを使ってもらいたいと考えます。

 

実際、訴訟社会と言われるアメリカでも、訴訟の80%は、和解で決着しています。また、最近では、費用のかかる訴訟ではなく、裁判外紛争処理(Alternative Dispute Resolutions)が非常に活発になっています。

 

アメリカでは、コンフリクト・マネジメントのために訴訟の場合でも、もっぱら法廷での弁論を担当する法廷弁護士(Litigator)と、法廷での争いが継続中でも、相手方が和解を申し出た時に対処できる和解案等を作成する和解交渉専門弁護士(Settlement Counnsel)といった二人の弁護士を雇うことがあります。

 

弁護士野上晶平は、専門機関で、交渉学やハーバード流交渉術を学び、資格を取得する等、交渉に非常に精通した弁護士となっております。

 

法廷での弁論の場合には、攻撃三倍の法則に従った攻撃的・競争的な訴訟活動を展開し、和解交渉の場合には、協力的な交渉を展開する等、事案や場面に応じた柔軟な攻撃防御を提供させて頂きます。

 

・略歴

和歌山市出身
和歌山県立桐蔭高校卒業
近畿大学法学部卒業
明治大学法科大学院修了
司法試験合格
最高裁判所司法研修所修了・弁護士登録(東京弁護士会)・虎ノ門法律経済事務所入所
虎ノ門法律経済事務所パートナー弁護士
虎ノ門法律経済事務所和歌山支店開設 同支店代表弁護士(和歌山弁護士会に登録換え)

 

・保有資格

税務調査士、労務調査士  
交渉学協会認定プラクティショナー

 

・趣味

囲碁(漫画「ヒカルの碁」の影響です。中々上達せず、CPUに勝てません。)
野球(和歌山弁護士会内の野球チーム「和歌山ジャスティス」にも所属しています。野球好きのお客様と盛り上がるとついつい長くなってしまい、「次の相談者の方が待っていらっしゃいます」と事務員に怒られてしまいます。)

 

 

事務所概要

住  所

【旧住所】(令和4年7月14日まで)
〒 640-8044 
和歌山市板屋町22番地
和歌山中央通りビル2階2012号室

【新住所】(令和4年7月22日より)
〒640-8155
和歌山県和歌山市九番丁15番地
九番丁MGビル5階

電話番号 073-488-1026
FAX番号 073-488-1036
営業時間 (平日)9時~18時 (土日祝・夜間)応相談
代表弁護士 野上 晶平(和歌山弁護士会52578) →弁護士紹介はこちら

 

【旧住所】(令和4年7月14日まで)
南海電鉄「和歌山市」駅より 徒歩6分

【新住所】(令和4年7月22日より)
南海電鉄「和歌山市」駅から徒歩約12分
南海和歌山バス「市役所前」停留所より徒歩約2分

 

  

 

 

 

各業務の案内

弁護士法人TLEO和歌山支店

和歌山支店ホームページ

交通事故専門サイト

交通事故専門サイト

刑事事件専門サイト

刑事事件専門サイト

離婚専門サイト

離婚・男女問題専門サイト

相続・遺言専門サイト

相続・遺言専門サイト

企業法務専門サイト

企業法務専門サイト

労働事件専門サイト

企業労務専門サイト

B型肝炎専門サイト

B型肝炎専門サイト

不動産専門サイト

不動産専門サイト

医療法務専門サイト

医療法務専門サイト

借金問題・債務整理専門サイト

借金問題・債務整理専門サイト

インターネット問題専門サイト

インターネット問題専門サイト

Copyright © 虎ノ門法律経済事務所-和歌山支店 All Rights Reserved.