Home投稿記事一覧

投稿記事一覧


2019-06-14 : コラム:「【事例】再婚と養育費の減額 ~減額の始期~」を掲載しました。

離婚・男女問題特設サイトに
コラム:「【事例】再婚と養育費の減額 ~減額の始期~」を掲載しました。

 

コラム:「養育費・婚姻費用の増減額事由」では、
主に養育費・婚姻費用の金額を取り決める際の増減額事由について解説しました。


では、取り決めてからしばらくして、減額事由が発生した場合はどうなるのでしょうか?
このページでは、養育費の減額について事例と合わせて、ご紹介しています。ぜひ参考にしてください。


2019-06-07 : コラム:「【相続法改正】遺言で不動産を相続したらすぐに登記しよう」を掲載しました。

遺言・相続特設サイトに
コラム:「【相続法改正】遺言で不動産を相続したらすぐに登記しよう」を掲載しました。

 

2018年7月に、相続法改正(民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律)が成立しました。
これにより、相続に関するルールが大きく変わります。

このページでは相続法改正の中でもメディアではあまり取り上げられていない
「相続の効力等に関する見直し」を分かりやすく解説しています。

 

この「相続の効力等に関する見直し」については、
特に、遺言によって不動産を相続する・相続させるときには知っておかないと
遺言どおりの相続ができなくなってしまう恐れが出てきます。
ぜひ参考にしてください。


2019-05-31 : コラム:「【判例】子の引渡しの間接強制を『権利の濫用』とした」を掲載しました。

離婚・男女問題特設サイトに
コラム:「【判例】子の引渡しの間接強制を『権利の濫用』とした」を掲載しました。

 

先日(2019年4月)、子の引渡しの強制執行(間接強制)に関する最高裁判所の判決がありました。

 

この裁判は、子ども3人を連れて別居した父から、母への子の引渡しを命ずる審判を
債務名義として間接強制の申立てをした事案で、最高裁判所はこの間接強制の申立ては
「権利の濫用」に当たると判断しました。

 

ただし、間接強制が事情もなく「権利の濫用」に当たるわけではありません。 ‎

このページでは、上記の裁判の概要と合わせて、どのような事情のときに
間接強制よる子の引渡しが「権利の濫用」となるのかをご紹介しています。ぜひ参考にしてください。


2019-05-24 : コラム:「【還ってこない?】遺産の賃料収入と納め過ぎた税金」を掲載しました。

遺言・相続特設サイトに
コラム:「【還ってこない?】遺産の賃料収入と納め過ぎた税金」を掲載しました。

 

相続財産に賃貸不動産がある場合に、
賃貸収入の扱いを間違ってしまうと損をしてしまいます。

 

このページでは賃貸不動産の相続に関する裁判例から適切な対処方法をご紹介しています。
ぜひ参考にしてください。


2019-05-20 : 「ネット上に会社の誹謗中傷や機密情報を書き込む社員への対応」解説ページを掲載しました。

企業法務特設サイトに
ネット上に会社の誹謗中傷や機密情報を書き込む社員への対応」解説ページを掲載しました。

 

インターネット上に、会社の誹謗中傷や機密情報が書き込まれてしまうと、
その性質上、とてつもない速度で拡散してしまい、完全に消去することはほぼ不可能です。

最近は、誹謗中傷や機密情報の書き込みだけでなく、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)に
悪ふざけしている写真・動画を投稿したことが原因で、会社の信用が毀損され、
そこから発生したトラブルの対応に迫られることも増えてきました。

 

このページでは、裁判例とあわせて
ネット上に会社の誹謗中傷や機密情報を書き込む社員への対応方法をご紹介しています。

ぜひ参考にしてください。

また、「ネット風評被害」の解説ページもございますので、あわせて参考にしてください。


2019-05-17 : コラム:「実例と合わせてみる親権者の判断基準【フレンドリーペアレントルール】」を掲載しました。

離婚・男女問題特設サイトに
コラム:「実例と合わせてみる親権者の判断基準【フレンドリーペアレントルール】」を掲載しました。

このページでは
親権者の判断基準のひとつの「面会交流についての考え方」について
裁判例・審判例を交えてご紹介しています。ぜひ参考にしてください。


2019-05-10 : 「ローパフォーマー社員への対応」解説ページを掲載しました。

企業法務特設サイトに
ローパフォーマー社員への対応」解説ページを掲載しました。

 

ローパフォーマー社員とは、能力不足などで、常に低い成果しか出せない社員のことを言います。
他の問題社員とは違い、会社に実害が出づらいため、対応が難しくなります。

また、日本の労働法体系は、終身雇用など
(メンバーシップ型雇用)を前提としているため、能力不足を理由にすぐに解雇することはできません。

そして、同じローパフォーマー社員でも、新卒採用か中途採用かで対応方法が異なってきます。

 

このページでは、新卒採用・中途採用それぞれのローパフォーマー社員の対方法を
裁判例とあわせてご紹介しています。

ぜひ参考にしてください。


2019-05-10 : コラム:「【事例】養子縁組前の子は代襲相続人となるのか」を掲載しました。

遺言・相続特設サイトに
コラム:「【事例】養子縁組前の子は代襲相続人となるのか」を掲載しました。

 

このページでは、当事務所にいただいた相談内容を元に
【養子縁組前に生まれた子は代襲相続人となるのか】について
【平成元年8月10日 大阪高等裁判所】の裁判例と合わせて解説いたします。
ぜひ参考にしてください。


2019-04-26 : 「メンタルヘルス不調の社員への対応」解説ページを掲載しました。

企業法務特設サイトに
メンタルヘルス不調の社員への対応」解説ページを掲載しました。

 

メンタルヘルス不調は、本人に自覚がなく医師への受診を拒むこともあれば、
積極的に認めて原因は会社側にあると主張することもあり、対応方法は様々です。

 

このページでは、裁判例とあわせて
メンタルヘルス不調の社員への対応方法をご紹介しています。
ぜひ参考にしてください。


2019-04-26 : コラム:「『不貞行為への慰謝料請求』の落とし穴【離婚に伴う慰謝料請求】」を掲載しました。

離婚・男女問題特設サイトに
コラム:「『不貞行為への慰謝料請求』の落とし穴【離婚に伴う慰謝料請求】」を掲載しました。

不倫相手への離婚に伴う慰謝料請求】は特段の事情が無い限り、請求することはできないと
平成31年2月19日に最高裁判所が判決を下しました。

このページでは、この最高裁の判決以前の、不倫相手への離婚に伴う慰謝料請求が認められた判例から
特段の事情についてご紹介しています。

ぜひ参考にしてください。


 « 次のページ


Copyright © 虎ノ門法律経済事務所-和歌山支店 All Rights Reserved.